Vai al contenuto
Skip Slider

バイヤーの視点から見た

ミラノ ファッションウィーク 世界中で開催されるファッションウィークの中でも注目度が高い、ミラノ ファッションウィーク 。ミラノでは、素材やデザイン、ジャンルなど、あるゆる面でのバリエーションが豊富なため、 バイヤー達がこの先の企画を思い浮かべるスタート地点となっています。 今回も、世界有数のトップブランドは、見応えのあるイベントと素晴らしいコレクションを展開 していました。アレッサンドロ・ミケーレが率いる Gucci(グッチ)は、デザイナーからバイヤ ーが最も求める「確実性があるトレンド」を打ち出していました。また、業界に根を下ろしてい るFendi(フェンディ)やVersace(ヴェルサーチ)、Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッ バーナ)は、トップブランドの底力を発揮していました。数あるイベントの中で最も惹かれたシ ョーは、ミウッチャ・プラダが発表した、イタリアにおけるクリエイティビティの現状を物語っ たPrada(プラダ)。世界からリアルな脈を汲み取り、ファッション業界の未来の姿を予報とし てコレクションに反映できる、デザイナーの才能を肌で感じられるショーでした。今回選ばれた テーマの「コミック」は、最終的に空欄を埋めるのはエディターである、というメッセージが秘 められています。 その他にも、新しいクリエイティブディレクターを迎え、新たな息を吹き注がれた Roberto Cavalli(カ ヴァリ)やJilSander(ジルサンダー)、Tod’s(トッズ)などのブランドが遂げた進化も … Continua la lettura di バイヤーの視点から見た

はじめまして、マリオ・デルオーリオです

マリオ・デルオーリオについて 1. まずは自己紹介をお願いします。 私は Dell’Oglioのオーナーであり、伊ファッションバイヤー会議所の会長、ランナー、時には哲学者、著者、そして誇り高き父親であります。 2. あなたにとって Dell’Oglioとは何ですか?Dell’Oglioの特徴を教えて下さい。 Dell’Oglioは、私のルーツと未来であり、故郷でもあります。また、私を動かす情熱です。Dell’Oglioで取り扱っているブランドやアイテムは、ただ身にまとうためではなく、着こなすために厳選されています。ジャンルにとらわれず様々なアイテムを取り入れることで、他にはないスタイリングや世界観を提案していることが最大の特徴です。 3. ファッションには、ずっと興味をもっていましたか? いいえ、ずっとではありませんが、テーブルマナーからファッションまで「エレガンス」は私にとって常に教育の一環でした。実体のあるもの(オブジェクト)を通じて自分のあり方を表現していきたいとはじめて感じたのは大学に通ってからです。 4. あなたにとってファッションとは何ですか? ファッションは、最も手っ取り早く自分の個性を象徴できる手段であり、自分自身を磨き、ケアすることでもあります。また、変わり続ける世の中に対応する能力でもあります。 5. スタイルにおけるあなたのモットーは? どう自分を世界に映し出したいか、毎朝欠かさず決めること。 イタリアとシチリア島について  6. … Continua la lettura di はじめまして、マリオ・デルオーリオです